ペルシャ絨毯 home

ペルシャ絨毯の製作工程

 

ペルシャ絨毯について

ペルシャ絨毯の製作工程

ペルシャ絨毯が仕上がるまでには様々な工程の職人技術により、1枚1枚丁寧に作られ、絨毯が出来上がります

1.  デザイン画作成

ペルシャ絨毯を製作するためには、 まずデザイン画を描きます。
デザイン描きには2工程あります。

1)方眼紙に鉛筆で柄を描く作業。
2)色を付ける作業。

右図は筆で実際使われる色を方眼紙上に塗っていきます。通常、絨毯の図案は4分の1を作り4倍にします。

イメージ/デザイン画作成

2.  糸の縒り

羊から刈り取られた原毛は脂肪や汚れが付いていて染着性を弱めるので、石鹸とソーダを使い繰り返し洗われます。糸を継ぐ場合、コマ軸を長くした紡錘車を使って手作業で糸を縒ります。

イメージ/糸の織り

3.  染色

現代では合成染料が普及しておりますが、今でも工房によっては天然染料を使用しており、繊維の芯まで染まる天然染料は色褪せ難い上、深い味わいがあるので、天然染料に勝る物はありません。

<染色原料名>
赤・・・茜の根、コチニール(カイガラムシ)
青・・・インディコ、マメ科の植物
黄・・・ざくろ、ウコン、楓(かえで)
緑・・・インディコの青とざくろの黄色を混ぜる 
茶・・・胡桃の殻、樫の皮を用いる
黒・・・黒い羊の毛を使用、柏の葉

色調整は沸騰する際の温度と時間の調節、水質、媒染剤(ヨーグルトやミョウバン)の量によって様々な色調を出すことができます。

イメージ/染色

4.  織り

絨毯の結び方にはペルシャ結びとトルコ結びの2つの結びがあります。

<ペルシャ結び>
パイルを縦糸一本のみくぐらせ一巡させ、
もう一本の経糸に引っ掛ける方法。細かい
複雑な文様を表すのに適している。

<トルコ結び>
2本の経糸にそれぞれ外側から均等にくぐらせて中央に引き出す方法
この場合糸を欠き出す金具に「ゴーラブ」を使い素早く織り上げる。
ペルシャのタブリーズなどはこの結びを用いている。

イメージ/ペルシャ結びとトルコ結び

5.  洗い

手織り絨毯は織機から外すと全体に収縮して板のように堅くなっています。そして、織り上げていく間に溜まったホコリやムダ毛を取り除く為に、大量の水と鉄金具を使い汚れを洗い流し絨毯を柔らかに仕上げる作業です。

ウールの絨毯は水を使って洗いますがシルク絨毯の場合、塩分を含んだ井戸水を使って洗い上げられ、シルク絨毯はこの作業をすることにより色がさらに安定し柔らかくしなやかな仕上がりになります。

イメージ/洗い

6.  乾燥

強い太陽と乾燥した空気の下で自然乾燥。
洗い終わった絨毯は石が敷き詰められた上に置かれ天日で乾燥され、この様に強い日差しにより温められた石の上で乾燥することで通常の半分の時間で乾燥が終了します。

絨毯の表裏の乾燥が終わると物干しパイプに掛けられ最終乾燥されます。

イメージ/乾燥

7.   ストレッチと最終チェック

ペルシャ絨毯を製作するためには、 まずデザイン画を描きます。
デザイン描きには2工程あります。

1)方眼紙に鉛筆で柄を描く作業。
2)色を付ける作業。

右図は筆で実際使われる色を方眼紙上に塗っていきます。通常、絨毯の図案は4分の1を作り4倍にします。

イメージ/ストレッチと最終チェック

ペルシャ絨毯の名称

イメージ/絨毯の名称
  • お問合せフォーム
  • じゅうたんクリーニング
  • お客様のお宅拝見
  • 送料について
  • ファインシラーズギャッベ
  • コットンキリム